おたより

開墾日記 vol.8

麦を蒔いてから4週間ほどが経ちました。

麦の大きさも腰の高さ(約1メートル)ぐらいに大きくなり
そろそろ麦を畑にすき込むタイミングです。

大きくなった麦は、トラクターの力だけでは耕すことができないため、
ハンマーナイフという機械を使用して前処理を行います。

腰丈ほどにあった麦は、足首丈まで小さくなりましたので
トラクターで麦をすき込んでいきます。

耕運後の畑の写真です。
根が土の中から現れていることから、麦がしっかりと畑に活着していたことが
分かります。

3週間後、トラクターで2度目の耕運を行いました。
麦の根が土の中に隠れしっかりとすき込むことができました。

このように稲·藁·麦を連用することで
有効な微生物が多くなるなど、地力が高まりが期待でき土が安定します。

次回は、昨年も蒔いたソルゴーに今年も再挑戦したいと思います。

引き続きあたたかく見守っていただければ幸いです!
それでは、また!

前の記事へ
一覧をみる
インターネットでのご購入はこちら
オンラインストアを見る
お電話・FAXでのご注文・お問い合わせはこちら
049-261-1199
049-269-5963